知りたい!仮想通貨情報ブログ

仮想通貨で誰でも簡単にできる!!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ネムコインとは・・・

f:id:s332k5322ks19741229:20170914071246p:plain

ネム

2015年に公開で当初は開発の1人に日本人がいたことで

日本国内の知名度をあげた感じです

金銭的な自由分散化平等連帯感の原則に基づき

始まったのがネムです

発行される仮想通貨の単位はゼムです

総発行を均等に分けられたのが最初です

マイニングなく新規発行はない

ビットコインでいうマイニングというものがなく新規発行はなく

ネットワーク貢献者への報酬ハーベスティング(収穫)という形で

分配される

ハーベスティングとは

ひとことで言えば10000XEM以上もっていれば

ハーベスティングに参加でき報酬でXEMがもえる!!

ネム利用者は、取引が正当だと承認してもらうために手数料を払い

取引を行います。

承認は10000XEM以上もっているアカウントなら

誰でも行うことができる!!

ネムでは約1分間で1回行われていて、その1分間に取引がなければ

手数料が払われていないため収穫しても報酬を受け取ることが

できません。

誰が収穫するかは、重要性を元にランダムできまる感じです

重要性が高いほど、分子が大きくなることを意味し

収穫できる確率が高まります!!

ネムの保留量を元に取引回数、取引量、取引相手などを考慮して

決定される

イーサリアムVSネム

今日のところは、イーサリアムは私たちにスマートコントラクトを

基盤としたより柔軟なシステムを提供してくれているシステムです

開発者によって、開発者のために作られた幅広い開発ツールを備え

その構造とセキュリティ基準にはハッキリと定義されているものも

あります!!

しかし、イーサリアムのコントラクトはいまだに古い契約のようです

「安全」で標準化された契約方式は存在しましたが、より複雑な

契約に署名する場合には、多くの詐欺や不正が行われていたとのこと

分散型アプリケーションにとっての重要な課題は

スケーラビリティです

スケーラビリティとはコンピューターシステムでシステムの規模によらず

柔軟に機能を適応できること小規模なシステム~大規模なシステムまで

一貫したシステムの機能を受けられる

トランザクションの違い

イーサリアム=1秒あたり15トランザクション

ネム=1秒あたり数百ものトランザクション

トランザクションとはコンピューターで処理するひとまとまりの仕事

企業がシステムを作るとき・・・

イーサリアムは

専門性の高いプロジェクトにとっては、ネムより優れている

しかし高いレベルの技術をもった人間が必要となる

ネムは

作業をほとんどネムが行うため何か誤った作業を行った場合

使用者が損害をうけることがない

ネム公式発、代表的なウォレット

NanoWallet

独自通貨(トークン)発行

アポスティールを実装

アポスティーユとは駐日領事による認証に代わり公文書に

外務省、公証人役場等が実装する付箋による証明のこと

用途
  1. 土地やアート、写真、宝石、特許、音楽、自動車etc...あらゆる所有権の登記
  2. 議事録や契約書、メール、ツイート、音声記録、タイムカードなど
  3. 売上データー、会計データーなど後に監査が必要となる情報の記録
NCC

NCCとはXEMの基本的なウォレットでハーベスティングできる

NEMモバイルウォレット

スマホでのウォレットでマルチングが実装

マルチングとは複数人の署名がそろうと実行される取引

複数人で共有したい資金がある場合とても便利

共有した資金ってどこに保管すればいいのかとか、参加した者が

誰かがネコババしないかとか心配がつきもの!!金額が高くなると

リスクが急上昇するのでマルチングで保管

参加者はお金を入れるのは誰の許可なしでもできますが

マルチングからお金を移そうとしたとき参加者に許可を求める

リクエストが自動的に送られて承認するかしないかできる

 

 

ネム関連動画


【仮想通貨】ネム(NEM)の特徴

 


mijin - 全ての人にブロックチェーンの力を

 

 


新仮想通貨COMSA(コムサ)の将来性

 


【ホリエモンも注目のCOMSA(コムサ)】早い者勝ち稼げる案件!仮想通貨でICO by Zaif(テックビューロ)